ゴミ問題

ゴミの排出量は世界第1位
環境省発表データによると、日本人一人あたりが1年間に排出するゴミの量は320kg、2位がフランスで一人あたり180kgです。
3位がドイツの140kg、4位がアメリカで100kgと続きます。
また、ゴミの焼却炉の数が、1位:日本1243、2位:アメリカ351、3位:フランス188と、これまた日本がダントツの不名誉な1位です。
ゴミは燃やせば、ダイオキシンや二酸化炭素を放出し、地球温暖化の要因となっています。
なぜ、日本はこれほどまでにゴミを出すのでしょうか?
その答えは、コンビニなどでお馴染みのプラスチック容器包装です。
衛生と利便性で90年代頃から急速に浸透していったのですが、同時にゴミ焼却の対応策として、焼却炉の建設ラッシュがはじまりました。
 
海外のゴミ事情

ドイツ
ドイツでは、DSDシステムという包装容器のリサイクルシステムを確立しています。
これは包装容器を扱う製造業者・販売業者が共同で出資し、DSD社という会社を設立し、ドイツ政府や自治体の支援を受け、事業者の責任で回収するというものです。
ドイツの環境問題に対する考え方は、日本とは決定的に違う教育システムにあります。
ドイツでは子供の頃から環境問題についての徹底した教育を受け、学校ではノートなどの紙類は100%再生紙を使用するなど、幼少期から培われているのです。

韓国
韓国ではドイツの事業者責任による回収制度を取り入れ、1回限りの使い捨て容器に規制をかけるなど、模範としたドイツを凌ぐほどの徹底ぶりです。
具体的には、レジ袋の有料化、飲食店での使い捨てカップの禁止、ホテル等での使い捨て歯ブラシの使用禁止など。
 
デンマーク
デンマークでは、1回限りの使い捨て食器類などに、30%以上もの税金を科すなどし、いわゆるリサイクルの※3R(4R)リデュースに力を入れています。
※リサイクルの3Rとは、Reduce(リデュース)・Reuse(リユース)・Recycle(リサイクル)の事です。
最近では4つ目のRとして、Refuse(リフューズ)を加えたリサイクル4Rとも言われています。
それぞれの意味は、次の通りです。

リサイクル4Rについて

1.Reduce(リデュース)
ゴミを減らす事・・シャンプーやハンドソープなどは、詰め替えを使用するなど。

2.Reuse(リユース)
まだ使えるものを捨てずに、修理するなどして使うこと。
 
3.Recycle(リサイクル)
廃棄したゴミの中から、利用できる資源を再利用すること。
家電製品であれば金・銀・プラチナなどのレアメタルや、その他金属類は重要な資源となり、「都市鉱山」とも言われています。
その他ペットボトルや空き缶、ダンボールなどは資源ごみとして誰もが知るところでしょう。
 
4.Refuse(リフューズ)
不要なものはいりませんと断ること。
例えばコンビニのレジ袋など、マイ袋持参の場合に断るなど。
3Rを4Rとするのであれば、順番的にはこちらが1番目となります。
 
その他の海外ゴミ事情
オランダは古紙回収分野において世界有数でも有数の国として知られています。
古紙回収率は70%を超え、再生紙利用が最も多いとされています。
因みに日本の古紙回収率は50%をやや超える程度です。

日本の古紙再生利用
日本では公益財団法人・古紙再生促進センターが中心となって活動をしています。
活動内容としては、日本製紙連合会の会員企業からの資金協力を得るなどし、古紙回収推進事業や、グリーンマークの発行、また、小学生の子供を対象とした、紙リサイクルコンテストの開催など、幅広い活動を展開しています。

グイーンマーク グリーンマークとは、古紙を原料として造られた製品に対し、公益財団法人・古紙再生促進センター承認のもと、発行されるマークです。

民間では、合資会社オリエンタルが開発した「ホワイトゴート」という機械がニュースで取り上げられました。
シュレッダーで出た紙屑を、トイレットペーパーに再製してしまう画期的な機械です。
群馬県の桐生市が導入し、市民に無料で配っている映像がテレビで放映されていました。